スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天からのメッセージ2010年1月18日

File0349.jpg

---------------------------------
2010年1月18日 14:21
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
---------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今印が一つ見えてる。2時4分ごろ、体に熱さを感じたの。ジャン・マリーに言って、大天使聖ミカエルに向う祈りをジャン・マリーが祈ってくれて、そして、天使の助けを願いながら、識別のための印ある?って聞いたのね。そしたら識別のための印を二つもらったの。そして、これはガブリエルちゃんに伴われての煉獄へのバイロケーションなの?って聞いたの。そしたら識別のための印が二つあった。
 今印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 カトリックの現代主義の教会に行っていました。手で聖体拝領をしました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 カトリックのカリスマティックの運動に身を投じていました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 プロテスタントの教会に行っていた男性です。十字架のイエズスと聖母マリアを深く崇敬することは知りませんでした。特に聖母マリアを認めることはしなかったので、ずっとプロテスタントの信仰を守っていました。しかし、私が死んだ後、聖母マリアが取り次ぎ手であることを知りました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 
ジャン・マリー神父:
 最初の人は女性?男性?分かる?

マリー・マドレーヌ:
 分からない。

ジャン・マリー神父:
 次の人は?女性?男性?声は?

マリー・マドレーヌ:
 次の人は女性。

ジャン・マリー神父:
 終わった直後に(メッセージが)分かる場合は、女性だったとか、男性だったとか、子供の声だったら子供の声だったとか、おじいちゃんおばあちゃんの声だったら、おじいちゃんの、おばあちゃんの声だったとかね。一言添えてくれる?

マリー・マドレーヌ:
 はい。
最初の人?

ジャン・マリー神父:
 これからね、印二つあったって言ってそれに続けてね、男性か女性か年齢とか分かれば続けてそれに加えてくれる?

マリー・マドレーヌ:
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 40代の女性です。教師をしていました。けれど、子供たちに対して、思いやりがありませんでした。成績優秀な子たちを贔屓しました。成績の悪い子たちには軽蔑な眼差しとともにいじめていました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 43歳で看護婦をしていた者です。堕胎に立ち会いました。沢山の赤ちゃんを殺してしまいました。看護婦は命を守る仕事です。決して堕胎しをないでください。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 今、体が上がってきた。印求める。
印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 天の方々で何かローキューションありますか?

マリー・マドレーヌ:
 印が二つあって、「聖母です」って言われてる。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話をします。カトリックの人々が煉獄を認めなくなりました。特に現代主義の教会の人々は煉獄、地獄に関しても認めなくなりました。先ほど、煉獄の霊魂が言ったように、現代主義に染まった霊魂が大勢煉獄に来て浄めを受けています。カリスマティックの人も煉獄にいます。プロテスタントの教会の人たちも煉獄で浄めを受けねばならなくなっています。子供たち、このような霊魂が大勢いるので、救われるよう祈ってください。祝福を送ります。司祭の祝福をクララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがクララ・ヨゼファ・メネンデス、コルベ・マリーを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 今印が見えなくなった。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 最初の煉獄の霊魂の人は女性か男性かはっきりしなかったので、年齢もわからなかったので、聞こえてくるままにお話ししたんだけれど、他に人たちは、もう一人は、女性ってことはわかったけど、年齢はわからなかった。そして他の人は、男性とか女性とか話をしてくれたので、そのままを聞くままを話したんだけれど、今日はクリスチャンが多かったので、その人たちが煉獄に多くいるって聞いて、ほんとに祈らなきゃいけないんだなぁって思ったし、救われるように毎日祈ろうかなぁって思ってる。そして、煉獄の霊魂に一人ひとり、これホント?って聞いたのね。そしたら識別のための印二つもらったのね。
 で、体が上に上がってきて、煉獄から抜けて、そしてそこで印を二つもらったの。天の方々で何かローキューションありますか?ってジャン・マリーが聞いてくれたので、聞いたら、聖母です」って言われてマリアママがお話ししてくれた。マリアママの声は優しかったんだけれど、煉獄の霊魂が祈られてないっていうので、憂慮懇願してた。そしてこれはほんと?って聞いたら識別のための印を二つもらったのね。他にある?ってきたんだけれど、もうその時に印が無くなった。
スポンサーサイト
 アナログ・コルクマ 

 FC2カウンター 

 プロフィール 

フランソワ・マリーまるやまこういちですー。

Author:フランソワ・マリーまるやまこういちですー。
ぼくは、バイセクシャル・25年間、同宿仲間の馬場勝吉・ロンジン・マリー(彼氏)と付き合い、現在1年目・同棲中!

マリアママはこんな超最低最悪なオイラでも愛して救ってくれるんだよ! みんなもおいでよ!大好きってさ~

 最近の記事 
 リンク 
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 ブロとも申請フォーム 
 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリー