スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天からのメッセージ2010年1月22日

File0467.jpg

--------------------------------------
2010年1月22日 14;37
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今も印が一つ見え続けてる。2時15分ごろに「償って!」っていう高い声を聞いたのね。声の高い女性の声だったんだけど、ジャン・マリーを起して、大天使聖ミカエルに向う祈りをジャン・マリーが祈ってくれて、これ天からのものなの?って聞いて、印を尋ねたの。そしたら識別のための印があって、二つもらったの。そして、これは煉獄の霊魂が訪問してきたのか、またガブリエルちゃんに伴われての煉獄へのバイロケーションなのか、どっちなのかを尋ねたのね。そしたら「煉獄から訪ねてきた」って言われて、印を二つもらったところなの。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 20代の女性です。ピルで赤ちゃんを殺しました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 40代の男性です。私はユダヤ教を信じていました。律法を落度なく守って生活をしていました。モーセ五書は、詳しく学んでいたし、ラビたちと沢山話をして過ごしました。イエズス・キリストがメシアであることは私が死んだ後になって知らされました。聖母マリアのこともです。旧約でシナイ山の神が強く説かれているユダヤ教であったために、裁きの神が強く、恐れ多い神として敬っていました。しかしイエズスの十字架の贖いがあったこと、これとあわれみの神が唯一の真の神であるということを知らされ、煉獄に来ました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 私は50代の男性です。英語の教師をしていました。英語ができる人には贔屓しました。できない人には軽蔑な眼差しと共に見下しました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 60代の男性です。昔、美術の教師をしていました。美術に対し誇りを持ち、美術こそ私の真理であるかのようにふるまいました。子供たちには、それぞれ美術の良さを教えましたが、受け入れてくれる子には贔屓しました。けれど苦手意識を持つ子には、親切にしませんでした。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 数学の教師をしていた50代の女性です。数学を好きな子供には、よく教えました。けれど数学が苦手な子供たちに対して、叱り飛ばしたりして親切に教えませんでした。苦手意識を増々その子供たちは、増してしまって、数学が大嫌いになってしましました。教え方がまずかったのです。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 私はピアニストでした。60代の女性です。演奏会を何度も開いたり、ピアノを弾いて生活をしていました。ピアノを弾くことに関して、自信がありましたし、生徒にも教えたりしました。しかし教会には行かず、聖体拝領しませんでした。どうか償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 10歳の男の子です。お父さんとの関係は悪くてひとりっきりでした。とっても寂しかったのを覚えています。何をしても寂しくって生きた心地がしなかったです。僕は悪魔と契約を交わしました。契約書を書いたりしたけど、怖くて破り捨てました。でも悪魔は僕に対してひどいことをしました。「契約があるじゃないか」と言って、僕が死んだ後も言ってきました。だけど、僕はイエズス・キリストのあわれみと十字架を知ることができました。マリアママのことも知ることが出来ました。アッバお父ちゃんのこともです。あわれみの神であることを知ることが出来ました。今、煉獄で償っています。どうか償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 30代の女性です。不倫をしました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 70代の男性です。孫をかわいがりませんでした。権威を振りかざして、息子、そして嫁に至るまでいじめていました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 今印が一つ見えてるだけでもう何も見えなくなった。

ジャン・マリー神父:
 天の方で何かローキューションある?

マリー・マドレーヌ:
 印が二つあって、「聖母です」って言われてる。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌと子供たちに、聖母がお話しします。煉獄の霊魂は、全くあわれみの神を知った霊魂達で、罪の償いをし続けてます。愛と謙遜を知った霊魂達で、神を愛したい愛でいっぱいになっています。そして、地上にいる子供等に、償ってほしいと嘆願しにやってきます。しかし、煉獄の霊魂に対して、耳を傾ける人々が少なくなっています。同宿会は、煉獄の霊魂を、いっぱい愛してあげてください。そして、煉獄の霊魂に、助けてもらうよう祈ってください。聖母は、あなた方を祝福します。司祭の祝福を、同宿会のメンバー全員にお願いします。

ジャン・マリー神父:
全能の神、父と子と聖霊とが同宿会全員を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 マリアママ、これホント?って聞いたら印が二つあった。
 
ジャン・マリー神父:
 マリアママに、同性愛のカップルの誓願式を2月7日日曜日の夜7時からって決めたんですけども、天の望みでしょうか?

マリー・マドレーヌ:
 印が二つある。

ジャン・マリー神父:
 何か説明ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 印が一つあるだけで何も見えない。

ジャン・マリー神父:
 終わっていい?

マリー・マドレーヌ:
 終わっていい?って聞いたら印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 今印見えなくなった。

ジャン・マリー神父:
 はい。

マリー・マドレーヌ:
 煉獄の霊魂、今日もそれぞれに来てくれたんだけど、今日は先生が多かったね。それぞれの告白を聞きながら、うまい子にはやっぱり甘いのかなぁって思ったりして、だけど、教え方がまずかったとかそうやって告白してくれて、で、私、その告白を聞くたびに愛するからねって思いながら聞いてたの。一人ひとりに対して、愛するからねって、そして、告白ありがとねって感じで聞いてて、
 で、一人ひとりに対して、最後確認をしたのね。これホント?って聞いたら印が二つあって、それぞれ印をもらえたの。そして、印が一つだけになった時に、ジャン・マリーに話ししたら、天の方で誰かローキューションある?って聞いてくれて、私も一緒に聞いたら、マリアママがお話ししてくれた。
 煉獄の霊魂に対する愛がまた深まった。マリアママの声はとても優しかったし、「煉獄の霊魂のために祈ってね」ってまた言ってくれたので、煉獄の霊魂に対してもっと愛を増やそうと思ってる。で、マリアママのメッセージがあった後確認をしたの。マリアママこれホント?って聞いたら、印が二つもらったのね。
 そして、ジャン・マリーが同性愛のカップルの誓願式が2月の7日の夜7時でいいですか?って聞いたら、印が二つあって、説明ある?って聞いたんだけど印が一つ見えるだけで何も見えなかったの。終わっていい?って聞いたら識別のための印を二つもらったのね。で、状況説明する時に印も何も見えなくなった。

スポンサーサイト
 アナログ・コルクマ 

 FC2カウンター 

 プロフィール 

フランソワ・マリーまるやまこういちですー。

Author:フランソワ・マリーまるやまこういちですー。
ぼくは、バイセクシャル・25年間、同宿仲間の馬場勝吉・ロンジン・マリー(彼氏)と付き合い、現在1年目・同棲中!

マリアママはこんな超最低最悪なオイラでも愛して救ってくれるんだよ! みんなもおいでよ!大好きってさ~

 最近の記事 
 リンク 
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 ブロとも申請フォーム 
 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリー