スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天からのメッセージ2010年1月30日

img086済み
                 ©箱舟の聖母社



---------------------------------
2010年1月30日 12:32
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
---------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今も印が一つ見え続けてる。12時15分に「世の中いやになって自殺をしてしまいました」っていう声が聞こえてきたの。そしてジャン・マリーに言いに行って、煉獄の霊魂かな?と思って言いに行って、大天使聖ミカエルに向う祈りを祈って、聖櫃の所で印があるか待ったの。そしたら識別のための印を二つもらった。そしてガブリエルちゃんに伴われての煉獄への訪問なのか、煉獄の霊魂がこちらに来たのか、どっち?って聞いたら、「煉獄の霊魂がこちらに来た」って言って印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 20代の男性です。世の中がいやになって自殺をしてしまいました。生きるのもつらかったです。先生とか、家族とか、私に善くしてくれませんでした。死んだら楽になるかなそう思って、自ら命を絶ちました。そのあと、天地創造主である、神様を知り、あわれみ深い神様に出会うことが出来ました。イエズス・キリストが救い主であるということも知りました。煉獄に来て償っています。愛を知らされたから、愛することを知らされたからです。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 引きこもりをしていた、30代の男性です。ずっと引きこもりをしたままでした。最後の最後に至るまで外に出られませんでした。対人恐怖症も強かったです。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 20代の女性です。赤ちゃんをおろしました。産みたかったけれど、経済的な理由で産むことを拒否しました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が二つあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

煉獄の霊魂:
 20代の女性です。看護婦をしていたけれど、ピルを渡したり、堕胎に立ち会ったりしました。償って下さい。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 印が一つあるだけで何も見えない。

ジャン・マリー神父:
 天の方で何かローキューションある?

マリー・マドレーヌ:
 印が二つあって「イエズス」って言われてる。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

イエズス:
 愛する子供たちに、イエズスが話をする。世の中が嫌になり、自ら命を絶つ人も多くいる。自分から死を選んでしまう。子供たち、周りから死を選ぶようにされたのではなくて、自ら考えて死を選んでしまう人もいる、そうゆうこともあるのを覚えておいてほしい。
 ピルを飲ませたり、渡したり、堕胎をする人も数多くいて、先進国ではその数が増加している。神は悲しく、この罪に対して、悲しみの顔を向けている。いち早くその罪から足を洗わねばならない。しかし、やめられない人もいる。子供たち、やめられない人に対しては、意志の弱さであるので考慮される神を知ってほしい。祝福をする。司祭の祝福を今、自殺をしようとしている人々、ピルや堕胎をしている人々に対してお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが今、自殺をしようとしている人々、また、ピルを飲んだり、堕胎をしている人々を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 これホント?って聞いたら印が二つあった。
 あっ印が見えなくなった。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 今日も自殺をした人が煉獄の霊魂でこちらに訪れて来てくれたんだけど、今日はほんとに自分から命を絶っちゃったんですっていう告白をしてくれて、自分から命を絶っちゃう人もいるんだって新たに知ったのね。昨日はいじめられてとかそうゆう周りからの圧力で死んじゃう人とかだったんだけど、自分の意志で命を絶つ人もいるんだって思ったら、その心境って想像以上だなって思ったのね。その人の孤独とか辛さとか、生きるのがほんとに嫌になっちゃって、どうしようもないって、希望を持てないって、それで、死を選んじゃうっていう人がいるんだなぁって思ったら、そっか~って思って、こうゆう人に福音が届けられたらなぁって思ってる。
 そして今日もピルを渡した人とか、堕胎をした人とか、堕胎に携わった人とか来てくれて、やっぱりそうゆう人もいたりして、やめられる人もいるんだけど、その罪から足を洗えないっていう人もいるんだなぁって思ったら、イエズスが言われたように、意志の弱さを考慮してくれるって言われて、あ~そっか、ジャン・マリーが言っている通りなんだなぁって思って聞いてた。
 そして煉獄の霊魂一人ひとりに対して確認をしたの。これホント?って聞いたら識別のための印が二つもらった。そして印が一つだけになった時にジャン・マリーに話ししたら、天の方で何かローキューションある?って聞いたので、私も一緒に聞いたら、「イエズス」って言われてイエズスが話をしてくれた。イエズスはすごく優しかったけれど、そうゆう罪を行ってる人たちに対して、悲しんでいるイエズスを今日見たなぁ。だけど赦したいんだよっていうイエズスの思いも伝わってきた。イエズスが語ってくれた後、確認をしたの。これホント?って聞いたら印を二つもらった。そしてすぐに印が見えなくなった。

スポンサーサイト
 NEXT>>
 アナログ・コルクマ 

 FC2カウンター 

 プロフィール 

フランソワ・マリーまるやまこういちですー。

Author:フランソワ・マリーまるやまこういちですー。
ぼくは、バイセクシャル・25年間、同宿仲間の馬場勝吉・ロンジン・マリー(彼氏)と付き合い、現在1年目・同棲中!

マリアママはこんな超最低最悪なオイラでも愛して救ってくれるんだよ! みんなもおいでよ!大好きってさ~

 最近の記事 
 リンク 
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 ブロとも申請フォーム 
 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリー